ブラックリストには【おまとめローン】に向いていない

おまとめローンの落とし穴。ブラックにオススメしないを解説!

みなさんは、「おまとめローン」を知っていますか。

消費者金融からキャッシングをしている人や住宅ローンを支払っている人は、聞いたことがあるでしょう。

また、多重債務でなどで返済に困っている人は、検索して調べているかもしれませんね。

ブラックOKなおまとめローン、なども広告にあります。

全く知らない人のために、おまとめローンについて紹介します。

このローンは、すでにお金を借りている人が対象です。

例えば、複数の貸金業者からお金を借りているAさんがいたとします。

A社から10万円・B社から30万円・C社から5万円と借り入れをしていました。

当然ですが、返済日は会社によって異なります。

支払いのタイミングを忘れてしまい返済を延滞したこともあります。

また仕事がフリーランスのため、入金が遅れることがしばしばでした。

このような時に、おまとめローンにすれば、返済を1つの金融機関や業者にまとめられます。

1か所の返済だけを覚えていれば、良いでしょう。

このサービスを利用すると、返済の管理がカンタンです。

業者によっては、金利が安くなり、何よりもこれが魅力的だと思う人が多いようです。

メリットばかりだと思えるおまとめローンですが、このシステムにも落とし穴があります。

特にブラックで借金返済に困っている人は、安易におまとめしてはいけません。

今回は、その点について解説します。

■おまとめローンの金利が安くない場合もある

先ほど、金利が安くできると答えました。

複数の消費者金融から借り入れを行うよりも、低金利な銀行カードローンになどでおまとめローンを組んだら、金利を下げられます。

実態は、法律で定められている上限のギリギリで貸し出しを行っている銀行もあります。

理由は、貸している人が滞納する可能性があるからです。

おまとめローンをする人は、多重債務者となっている人もいます。

銀行としても、リスクのある人にはお金を貸したくはありません。

もしかしたら、返済できなくて借り逃げされるリスクもあります。

そうなると、法律の上限に近い高金利で貸し出そうとするのです。

こうなると、借金の一本化やおまとめローンをしたとしても、返済先は一つになって楽だがお得感はない、ということもあり得ます。

■おまとめローンは、過払いがあっても取り返せない

おまとめローンによって、消費者金融の借り入れ一括されます。

しかし一旦これをしてしまうと、利息に関する法律で認められている、引き直し計算ができなくなります。

仮にグレーゾーン金利(法定金利ギリギリ)でお金を借りていた場合は、過払い金請求をすればお金が返ってくるのに、おまとめローン後では不可能になるのです。

おまとめローンにすると、引き直し計算をしていない金利で完済します。

過払いがあっても請求を行えないのです。

後悔しても遅いですが、悔しいことこの上ないですよね。

■おまとめローンにも様々ある

おまとめローンにすると、連帯保証人を求められることもあります。

場合によっては、住んでいる一軒家や土地を担保にさせられます。

実際に、某金融機関が行っている老後向けおまとめローンは、自宅を担保にしてお金を借り入れるシステムです。

このローンを利用する場合は、専門家のアドバイスや知識を得ましょう。

また、おまとめローンの金利は安くなったとしても、返済期間が長引けば、結局支払う総利息で見ると、おまとめしない方がお得だというパターンもありますよ!

他社延滞中なら、おまとめローンには通らない!

いかがでしたか。おまとめローンは、1つの会社にローンをまとめられます。

一括で管理できるので、申し込みしたくなりますよね。

実態としては、「金利が上がる」「条件が変わる」「過払い金」が取り戻せないといったデメリットがあります。

多くのブラックリストは、そもそもおまとめローンの審査に通るのが難しいことが多いです。

多重債務で複数借り入れがあっても、他社延滞中であれば、絶対可決しません。

ブラックOKなおまとめローン、というのも実はほぼ嘘ばかりです。

借金返済を楽にしたいと思うのは山々ですが、地道に1社づつ返済する道が完済への一番早い方法かもしれません。


審査落ちしたくない方にオススメ!