お金を借りることは契約。それはブラックが借り入れする時も同じです。

ブラックリストの皆さん、こんにちは。

改めて、基本的なことですが、お金を借りることは一種の、いや立派な契約です。

正しくは金銭消費貸借契約といいます。

キャッシングや銀行カードローン、住宅ローン、カーローン・・・

全ての借り入れは、契約の元に成り立ちます。

契約というのは、全ての項目において双方の同意が必要となります。

だから不動産契約でも、携帯電話の契約でも、数枚の文字びっしりな契約書にサインをしますよね。

金銭消費貸借契約では審査が必須です。

今ではブラックリストである貴方も、この審査に通り金銭消費貸借契約を交わしたにも関らず、何等かの契約違反やマナーの悪いことを起こしてしまったが為に、ブラックに突き落とされたという訳です。

基本的に、再度審査に通ってお金を借りることは厳しくなります。

受け入れなければいけないペナルティなのですが、様々な場面でとても苦しい思いをすることは覚悟しなければいけません。

普通にできていたこと、例えば車をローンで買い替える、クレジットカードを作る、賃貸を借りる・・・そういうことが5~7年、長くて10年程はできなくなります。

しかし、こちらを見てくれているのは既にブラックになってしまった方達でしょう。

ブラックになってみて初めて、様々な弊害に気付き、後悔しか残っていないと思います。

お金の契約には信用が第一です。

良い大人であれば、生きていく上で様々な契約を交わし、生活を送っていくでしょう。

世帯主の方だと、自身が名義人となって契約することがほとんどです。

そういう場合は奥様に名義人になってもらわなければいけませんが、専業主婦だったりパート勤めであれば審査に通ることが難しくなります。

ボロくなってきた車を買い替えたい時は、キャッシュ一択。

クレジットカードでポイントを貯めることもできず、現金主義で生きていくのです。

既に持ち家がある人はローンを返していくのみですが、賃貸住まいの人は不動産の審査に通るにも条件があります。

個人信用情報(CIC)には金融履歴がある訳ですが、最近の賃貸契約では信販系保証会社をつけている場合も増えてきました。

保証会社とは、万が一家主が家賃を滞納してしまった時に代理で債権督促業務を行う、いわば大家さんやオーナーさんを守るためのものです。

この会社が信販系だと、金融履歴を共有している為に、ブラックリストであることがバレてしまいます。

ですから、賃貸契約するにも信販系保証会社は避けないといけません。

沢山の制限があり、とても不便な生活ですね。

こればかりはどうしようもないことなのですが、絶体絶命金欠ピンチの時だけは当サイトがお助けできるかもしれません。

信用が低いブラックの味方!本当に借りれるブラック借り入れ先

信用のないブラックが、本当にお金に困ってどうしようもない時・・・

あと3日で10万円必要なのに、どう頑張っても捻出できないブラックはいると思います。

給料日でもないのに、貯金が無ければ到底手に入れることができる額じゃないです。

そんな時はもう、キャッシングしか残された道はありません

来店不要でネット上の操作のみで借り入れが可能なので、時間が迫っている時こそ利用したいですよね。

ここで無駄な行動をしてしまうと、審査落ちをしてお金を借りれないのです。

ブラックなのであれば、選ぶべき借り入れ先は当サイトにあります!

信用が低くても本当に借りれるのはココだけ。

審査落ちしたくない方にオススメ!