「金=○○」優良個人融資のキャッシングは、綺麗ごとが嫌いです

 

 

 

唐突ですが

金=○○

貴方なら○○に一体何を思い浮かべますか?

個人的な意見としては、金=自由というフレーズを当てはめます。

さらに加えて「時間」があれば、さらなるフリーダムを手に入れることができます。

ですが、決して「お金さえあれば良い」という考えではありません。

お金に囚われ、お金が全てという極端さは良くありませんよね。

ただ昔の自給自足でなく、生産社会となった今、お金がないと何もできないのです。

衣食住はもちろんのこと、便利さや快適さを求めるにも、娯楽を楽しむにも、人生の豊かさにおいてそれなりのお金は必要不可欠ではないでしょうか。

どんどん格差社会が進み、子どもの貧困、貧困若年層という言葉も良く聞きます。

企業に就職できても昔のような年功序列社会ではなく、名だたる大企業やメガバンクでさえも大量リストラが起こるという事態まで起きています。

常にまとまったお金を持っていること、今後の資産形成の大事さに、私達は今気付かなければいけません。

借金は悪いことだという綺麗ごとの固定観念を守って、事態が悪くなってしまうことも十分あり得るのです。

ですからブラックでお金に困っているお金を借りれる所がない・・・そういう人の救済所として、当サイトの優良個人融資を是非とも利用していただき、しっかりとしたお金の地盤を作っていって欲しいと思っています。

 

優良個人融資は即日融資だけでなく、自分も変われる場所である

 

当サイトの優良個人融資はただ単にブラックOKでお金を貸すのが業務ではありません。

通常のキャッシングであれば、一連の流れである、申込みから審査、融資、返済、このパターンで一通りを終える形です。

しかし優良個人融資の主なお客様は、正直普通とは違う事情や背景を持った方々です。

借金まみれ、返済と借り入れの自転車操業、パチンコや買い物依存症などの病を持っており金銭感覚が麻痺している・・・

そういう方には、お金を貸して返済してもらう流れの中に様々な工夫を盛り込んだ対応をしています。

ブラックであるということは、それまでかなりの消費者金融や街金を渡り歩いてきたのではないでしょうか。

最初こそ借りれたとしても、返済を真面目にしていなかったり、無理な追加融資を頼めば、距離を置かれていきます。

その態度は確かに良い印象は持たれませんし、冷たくあしらわれてしまうのも無理はないのですが・・・

だからこそサッサと見切りをつけて、他の街金へとまた流れ、同じパターンに陥るのです。

正しい選択肢は、ブラックに粘り強く対応をしてくれる優良個人融資一択にしておくべきだったということですね。

お客さまの中には、金銭感覚の崩壊によって無理難題な要求をしてくる方もいらっしゃいます。

初回で急に50万円貸してくれ、とか、返済していないのに追加融資してくれとか、これまで他社で突っぱねられてきたようなことです。

そこで電話をガチャギリ、お断り対応をされてきたのではないでしょうか。

優良個人融資の金融は、そのような対応ではなく、柔軟な考えを共有してもらうお話をさせていただきます。

どうして50万円融資はが無理なのか、仮に50万借りたとして先は明るいのか、追加融資しても返済がさらにきつくなるだけということ。

小規模の金融だからこそ、ひとりひとりのお客様とじっくりお話をして向き合うことができます。

きっと、他社との対応の違いに気付くはずです。

商売心だけでなく双方が気持ちよく、長期的なお付き合いができたらという思いを常に持っているからです。

そしてキャッシングを卒業できる日には、もうキャッシングなしでも生きていけるぞ!と正しい金銭感覚を身に着けていることと思います。

人間がひとりで変わるには難しい面が多いです。

誰かしらが介入し、考えや認識を正していき、未来に不安を持たないお金を作れる自信を貴方にもたらすことが、当サイトの優良個人融資によって可能になります。

 

お金にまつわる諺や寓話は馬鹿にできない!お金の正しい知識

 
お金にまつわる古くからの言い伝えや諺、寓話は沢山あります。

  • 時は金なり
  • 悪銭身に付かず
  • いつまでもあると思うな親と金
  • 余越の銭は持たぬ
  • 卵はひとつの籠に盛るな

思いついたものを書いてみました。

時は金なりというのは、直接的にお金のことを言っているわけではありませんが、時間が無ければお金を稼ぐこともできませんね。

時間はお金と同等の価値を持つものであるということ。

悪銭身に付かずは、まさにギャンブル依存症の方々には頭が痛い言葉でしょう。

パチンコなどのギャンブルで得たお金はあぶく銭です、結局有意義なお金としては使えないことがほとんどです。

いつまでもあると思うな親と金、私はこれを理解できたのは恥ずかしながらここ数年です。

自分の為にお金をかけ育ててくれて助けてくれた親もいつしか世を去ることを覚悟しておかないといけません。

またお金は使えば当然なくなっていくものであり、当たり前に自分のそばにあるものではないということ。

余越の銭は持たぬ、江戸っ子の気概として入ってきたお金は惜しみなく使ってよいという考えです。

これも一長一短です、お金持ちでもない限り、一般庶民がこれをやっていると借金に手を出してしまいます。

要するに、お金を使う為の言い訳にしか過ぎないと個人的には思います。

卵はひとつの籠に盛るな、これは投資において有名な格言です。

つい最近、仮想通貨の問題が頻発していますね。

安い相場でコインを買い、価値が上がれば買った時との差額で儲けられると、多くの人が飛びつきました。

仮想通貨は実態や裏付けのない資産であり、また相場の上がり下がりは株の非ではありません。

仮想通貨は将来性はあるかのように言われていますが、仮想通貨の有用性も未だ定まっていません。

そのような投機に全財産をぶっこんでしまって、貯金を全て失う人がいます。

本当は様々な手法で分散投資をしないといけないのに、儲かるからと仮想通貨ひとつの籠にお金をつぎ込むのは非常にリスキーということです。

普段何となく使っているお金について、諺や言い伝えにハッとさせられることはよくあります。

人生長いです、ブラックは早く脱して、少しでも安心できるお金を作っていきましょう。

審査落ちしたくない方にオススメ!