ブラックOKで本当に借りれる個人融資キャッシングは、あくまでもお守りです

先立つもの・・・と聞いて、貴方は何を思いますか?

私は間違いなく「お金」ですね。

汚いって??

いえいえ、キャッシングの需要を凄さをこのサイトをやっていく内に目の当たりにした私からしたら、そうとしか思えません。

格差社会、非正規雇用の増加、税や社会保険料の引き上げ、働き方改革という名の残業代カット・・・国民の手取り給与がどんどん下がっていく時代です。

そんな不安定な時代であるにも関らず、インフレで物価は高くなり、スマホやネット代などの固定費の出費は増すばかりで、暮らしの余裕はなくなるばかりではありませんか?

銀行預金の金利もほぼゼロに等しく旨味はありませんし、インフレが進めばお金の価値が下がるので、預金資産の価値も少しずつ目減りしていきます。

日本人は、預金信者と言われています。

欧米諸国は投資をして、お金に働いてもらって資産を築くことは当たり前なのに、日本人は銀行にお金を貯めこんでいくことが正義だと未だに信じこんでいるのです。

投資はギャンブルだからと、抵抗意識を持っているのは間違いです。

備えは貯金だけでは間に合わなくなる時代がもうやってきて、困った時は貯金やキャッシングを頼りにするだけでは、私達の未来は危ういということをお伝えしたいです。

もちろん、当サイトの個人融資のキャッシングは、間口が広い審査が甘めなのでブラックでも本当に借りれるキャッシングです。

そのアピールをするのもなんだか飽きてきました。

今日はお金について個人的に思うことを書かせてください。

キャッシングは魔法ではなく、一時的な救済策である。自分のお金は自分で守ろう!

ブラックOKな個人融資キャッシングの当サイトをやっている上で、様々な方との出会いがありました。

お金に困っていらっしゃる方々のリアルを見聞きしていると、キャッシングの需要と共に「お金とは」という大きなテーマについて深く考えさせられます。

ブラックで借金が辞められないという方の中には、生活保護スレスレだったり何らかの依存症の為に正常な金銭感覚を持てないという、悩ましい事例が目立ちます。

私自身も、過去に鬱状態で仕事ができなくなりプー太郎になったり、買い物依存の為にカード決済をしまくったり、お金に関して困る経験がありました。

自分は馬鹿だ、クズだ、と思いながらも、しばらく親にお金を援助してもらいながら、時にはキャッシングでお金を借りながら、どうにか1年程で自活ができるようにまで復活はできました。

その金欠時代に、キャッシングはやはりとても有難いと思って利用していましたが、私はここで一歩間違えればキャッシング依存症にまでなっていたと、今では思います。

あくまでも私の例ですが、その頃に丁度このキャッシングサイトをスタートさせました。

それがキッカケで、キャッシングの素晴らしさと恐ろしさの紙一重加減にしっかりと気付くことができたのではないかと思っています。

たらたらと自分語りばかりで申し訳ありませんが、とにかくこのサイトでお金について深く考えられるようになったことは、私にとって財産となりました。

そして、ブラックでキャッシング頼りになっている貴方にも、自分のお金について真剣に考えて欲しいと強く思っています。

お金を借りる、返済する、一見シンプルと思われがちなキャッシングですが、キャッシングで幸せを掴むか不幸に墜ちるかは本当に紙一重です。

そもそも借りて返すことが当たり前にできるとは思わない方が良いでしょう。

給料日が来たら絶対返済する!!という約束を自分の中で頑なに守れるならよろしいのですが、そもそもの金融モラルが低めの方だといくら思っていても返済を先延ばしにする傾向が見受けられます。

私も以前はそうでした。

キャッシングの返済日に返済が間に合いそうになくて、返済の為にまたお金を借りるという、最も愚かな行動をしてしまっていました。

自分で自分のお金の歯車を目茶苦茶にする、自滅行為ですね。

キャッシングは繰り返してしまうと慣れも出てきて、まるで自分のお金かのように錯覚してしまいます。

あくまでも借りているお金であること、返済の苦労が少なからず後に待っていること、キャッシングはここぞという時の奥の手であること・・・をきちんと心に留めてお金を借りていきましょう。

自分のお金は自分で守り、どうしても貯金でまかなえない時だけの本当に借りれる個人融資キャッシングだと思っておいてください。

ブラックがどう自分のお金を守るのか?貯金・投資・キャッシングの使い分け

まずブラックだと、現在のお金に基盤が不安定ではないでしょうか。

そもそも低収入→貯金する余裕もない→ちょっと散財すると残高ゼロ→お金借りるしかなくなる

基本的に生活するのにいっぱいいっぱいで、生活費以外に回せるお金がナイ・・・

そんな生活でも、たまには贅沢したいとか、旅行したいとか、誰かにプレゼントをあげたいとか、まとまった出費が避けられないことがあります。

そういう時にはキャッシングに頼りがちとなります。

無い袖は振れない・・・まさにその通りだと思うのですが、これを繰り返していては、いつまで経ってもお金に困る生活が続いてしまいますよね。

収入を増やすというのも現実的に難しいので、まずやりやすい方法は毎月のお金の使い方を徹底的に変えることです。

それすら急には無理かもしれませんが、無駄使いを減らすとか交通費を節約してみるとか、まず給与が入ったら貯金する分を先取りで引いておくとか・・・細かいですができることは沢山あります。

そういった小さな積み重ねをすることで、如何に無駄遣いしてきたか、勿体ないお金の使い方をしてきたか、本当に価値あるモノだけにお金を使おう、といった意識が芽生えてくることでしょう。

先取りの貯金も半年や1年で数万円にはなるはずです。

急な出費はそこから捻出し、キャッシングに頼る機会も少なくなります。

そして私が個人的にオススメしたいのが、積立投資です。

投資と聞くと、ギャンブルだとか損をするというイメージが先行しがちですが、全く違います。

借金返済が一旦落ち着いた時にでも、早いうちから積立投資をすることをお勧めします。

投資といっても、様々な種類があります。

株や債権を買う、投資信託、不動産、などなど。

初心者にオススメしたいのは、長期的な投資信託ですね。

最近ではロボットが相場を見て、欧米株をこれだけ買うとか金をこれだけ買うとかを判断してくれるオートマティックな投資信託が出てきました。

いわゆるAIです。

投資信託であれば、毎月の定額積立の設定をしておくだけでその道のプロが投資をしてくれますから、ほったらかしの投資が成り立ちます。

また期間ごとに得た利益を、また再投資する複利効果も狙えるので、まさにお金に働いてもらうってことです。

銀行預金に預けているよりも数百倍の金利は手にすることができるでしょう。

一番気になるのが損をすることだと思いますが、積立投資は10年~30年のかなり長期スパンなので、一時的な相場の暴落があったとしても、時間を味方に盛り返す可能性の方がかなり高いです。

その場限りのギャンブルとは全く異なるのですよ。

お金がない人こそ、むしろコツコツと毎月積立投資をしましょう。

得られる給与には限りがありますが、長期投資は少ない元手から大きな利益を得られるチャンスです。

自分のお金を守るなら、今から賢い考えを持っておきたいですね。

審査落ちしたくない方にオススメ!