<破産者融資の口コミ集>

 

自己破産と聞くと、個人でも企業でも終わりを意味すると思っている人が多いです。

お金の問題を解決できなくなった時の最終手段として存在する自己破産ですが、決して自己破産をしたからといって、この世の終わりだとか人生終了したわけではありません。

むしろ、一旦問題を綺麗にリセットして今後も頑張ってくださいねという、国からの有難い救済策なのです。

膨れあがった借金をコツコツ返済すればいつかは完済できますが、収入に見合っていない借金はそれなりの金額を毎月返済しないと元金は減りづらく、むしろその間に利息がドンドンかかってしまって返済が利息分だけになっている・・・なんてこともあります。

お金を借りたからには、きちんと返済することが人としての責任でしょう。

そういう契約を交わし借金を背負うのですが、人生や人の計画は思い通りに行かないことの方が多いです。

お金の問題で思い詰められた時の希望が、自己破産なのです。

今回は破産者で融資を受け、見事人生を上手く渡っている方々の口コミを紹介します。

自己破産者が借りれる、希望の破産者融資!(東京都目黒区/会社員)

僕は光通信の営業の仕事をしている27歳の男です。

過去に自己破産の経験があるってことは、家族も友達も職場の人も誰ひとりとして知りません。

破産の理由は600万円もの借金を20代で作ってしまったからです。

よくここまで借金できたなって??

少し前の銀行カードローンは総量規制も関係なくお金が借りれたので、数社ハシゴしたら、かなりの額のお金が借りれました。

このパターンでお金を借りまくって詰んだ人間は多いようで、最近は銀行カードローンの審査は厳しくなったみたいです。

年収は350万くらいなのに、銀行はめっちゃお金貸してくれるんで、いつの間にか600万も借りてパチスロや風俗に散財していました。

若気の至りじゃ済まされない程のことをやってしまったと、残った借金のデカさにビビりましたが、ここから返済をしてもとてもじゃないけど600万なんて完済できる気がしませんでした。

それでも1年は返済を毎月続けましたが、利息を返しているようなもので借金はほとんど減っていません。

額がデカすぎると、ちまちま返したところでたかが知れているってことです。

そこで自己破産というものを調べ、自分にはこれしかないと思いました。

破産をすると、もう完全なるブラックリストであり、先々10年間は金融履歴から消えることがありません。

しかし破産をしてもうリセットしてしまいたい気持ちが大きかったんです。

司法書士に破産手続きを頼む費用がいくらかかかりましたが、そこは数か月生活を切り詰めてお金を貯めました。

そして5か月後、裁判所にて破産免責を貰いました。

これで一旦、自分の借金はクリアになったわけですが、今はまた別の問題があります。

まさかの家族の不幸です、おかんが病気で長期間入院しないといけません。

おかんは医療保険に入っておらず、入院中のベッド代や食事代、手術費は自腹らしく、おかんの年金だけでは足りないのだそうです。

この時、俺は自己破産者であることを恨みました。

「破産者はお金を借りれない」

これは決まりきったことだと思っていたからです。

しかし望みを捨てなくて良かった。

このサイトの破産者融資の口コミを目にして、これでおかんを助けようとも思いました。

自己破産は失うものも大きいですが、万が一お金が必要になったらこの街金で借りたら良いと思います。

破産者融資の実績がある街金を探しているならココでしょう(東京都渋谷区/デザイナー)


私は都内でデザイナーの仕事をしている28歳の女です。

自己破産をしたのは3年前。

元カレに言われるがままカードで借金をし続け、気付いた時には350万もの借金を作っていました。

自分の為にした借金ではないし、きっと彼が返済してくれるだろう・・・と信用しきっていた私は本当に馬鹿だと思います。

結果的にお金を借りれるだけ借りさせて、元カレは逃げるようにして音信不通となりました。

総量規制を超えても、銀行などの総量規制外のところで借りるように言われたので、ここまでの借金を作らされました。

自分の至らなさやダラしなさで作ってしまった借金とはワケが違うので、私は返済の意思も持てなかったし、不甲斐ないやら情けないやらで途方に暮れるしかありません。

そんな馬鹿な男に引っかかってしまった自分を責められることもありましたが、周りは同情して相談などに乗ってくれ、そこで自己破産を勧められたのです。

自己破産はギャンブルなどの理由では免責が下りないことが多いようですが、私のような理不尽な事情がある人間は割と免責が下りやすいのだと聞きました。

クソ男が作ったも同然の借金を、悔しいと思いながら返済を続けるか、それとも思い切って自己破産者になるか・・・私は迷わず後者を選びました。

元々、私もたまにキャッシングでお金を借りることはありましたが、そんなのクソ男に作らされた借金に比べたら可愛い額だと思います。

今後、自己破産したせいで自分自身キャッシングができなくなっても、きっとこのサイトの街金だったら貸してくれると事前に調べて破産手続きに入りました。

破産者というレッテルは、個人信用情報か官報でしか分かり得ないことです。

世間的なイメージは最悪ですが、人々が思っている以上に自己破産はバレないものなのです。

破産はあっけなく完了して、私は借金ゼロの自己破産者となりました。

元カレを憎む気持ちもいくらかマシになりましたが、今度見かけたら車で轢いてやろうかくらいは思ってます。

破産者融資は、予定通りこのサイトの街金でするつもりです。

自己破産は人生終了なんて嘘ですよ。

むしろ、気持ちとお金をリセットできる方法だと思います。

 

審査落ちしたくない方にオススメ!