ブラック即日借り入れの神金融は「然るべき目的のある融資」がモットーです。

ブラック即日融資

ブラックリストの多くがギャンブル依存症?!その借り入れは何に使うのですか?

即日借り入れは、字のごとく、即日でお金を借りれるということで、いつ何時でも至急お金を手にすることができます。

当サイトでは金融ブラックリストに特化した神金融を紹介していますが、読者の方に知っておいて欲しいことがあります。

思い当たる人も大勢いるでしょう。

借金を抱えて立ち行かなくなるブラックリストの多くが、ギャンブル依存症です。

借りたお金をギャンブルにつぎ込むことを辞められない、ほどほどに楽しむことができない、そんな人達のことです。

もちろん、他の理由や事情でブラックリストに成り下がってしまった人もいますが、借金とブラックリストはいつの時代になっても、切っても切り離せない問題なのです。

管理人は、ブラックで借りれない人々を救いたい想いでいっぱいですが、もし融資してもギャンブルで溶かされてしまっていると、悲しいですね。

お給料の範囲でたしなむのはOKでしょうが、金利という無駄を背負ってまでギャンブルで遊ぶのは間違っていますよね?

折角、当サイトの神金融で即日融資を受けたのであれば、そのお金は然るべき目的に使ってください。

神金融はギャンブル依存症に借金をさせません!国内の対策も進んでいます。

当サイトでは神金融を銘打ってはいますが、あまりにもひどいギャンブル依存症の人は、要審査を行っています。

ブレーキのない融資があるとしたら、それは闇金同様です。

抑止力として、今までは介入されなかった部分も本腰を入れて対策を考えているのは、国レベルでも同じ動きのようです。

日本政府は、2017年8月29日、ギャンブル依存症で抜け出せない人たちへの対策を協議しました。

意外?なことに、先進国中におけるギャンブル依存症人口は、日本はダントツに高い数字を示しているそうです。

対策協議の結果、競馬場・競輪場・競艇場などにあるATM(現金自動預け払い機)に搭載されているキャッシングシステムを廃止することを打ち出しました。

代わりとして、依存症患者への相談窓口を増やすことを検討しています。

このような対策は、競馬場だけではなく他のギャンブルでも続々と導入・検討がされているみたいです。

例えば、依存症患者が多いパチンコでは、出玉(パチンコの玉)を従来の3分の2に制限するという対策がなされます。

依存症への対応を迫られた理由としては、2016年12月の『カジノ解禁法』が関係しています。

この法律に関しては、競馬やパチンコなどの依存症で苦しんでる人の対策を、強化することを課題にあげていました。

もともと、公営ギャンブルの施設にATMが置かれている理由は、『ファンの獲得』が目的です。

当たり前ですが、儲からないと意味がありませんから、賭けるお金が足りない時に併設しているATMでお金をゲットしてくれたら、効率的ですし売上に直で影響するでしょう。

お互いにWIN-WINの関係でいられたら、それが最も理想的ではありますが、ギャンブルは確率論です。

大勝ちする人もいれば、大負けする人もいるのです。

ATMをギャンブルの場に置くことで、賭け事にのめり込んで借金をしてしまう人を作るキッカケになるのは否めません。。

場所によっては、ATMの撤去も検討されています。

パチンコでは、射幸心(他人より幸せになりたい=多くのお金をつぎこむ)を持たせないために、2018年2月から出玉の上限を、3分の2にします。

制限する対策も行いながら、依存症向けの電話相談を2017年10月から設置します。

こちらは、24時間無料で対応しています。

ギャンブルのせいで、『お金がない』『多重債務者になっている』などで苦しんでいる人でも、気軽に相談できるのが特徴です。

コールセンターでは、依存症専門の対策ができる人材を育成。研修にも力を入れる予定です。

また、ギャンブル依存症に関しては、自民党などが国会に提出した『基本法案』が審議中になっています。

この法案が成立することで、今後の対策の強化にもつながっていきます。

程々に、というのが難しいところですが、ギャンブルはのめり込むものではありません。

あくまでも「遊び」として、たまの息抜きとして、決められた範囲のお小遣いを使って楽しみましょう。

審査落ちしたくない方にオススメ!